多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

ホーム > 診療内容 > 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

多焦点レンズを用いた白内障手術の先進医療が、2020年3月末で終了します。
先進医療特約を使って、白内障手術をご検討の患者様は、早めにご検討ください。
ご遠慮なく相談のみでも結構ですので診察を受けに来てください。

当院での2019年度の多焦点レンズを用いた白内障手術の症例数は73例と、多くの多焦点レンズでの白内障手術の経験があります。お気軽にご相談下さい。

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の先進医療施設に認定されました。

先進医療とは

一般の保険診療を認められている医療水準を超えた
「最新の先端技術として厚生労働省が認めた医療機関」のみが実施できる医療行為

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」とは

遠近両用眼内レンズを用いた手術により、遠方にも近方にもピントが合います。
眼鏡なしで遠方も近方も見えるようになります。

先進医療認定
手術費用
36万円(片眼)
先進医療特約のある医療保険で
保障を受けれます。
医療費控除の対象になります。 お気軽にお声掛けください。

保険診療 一般の白内障手術(当院での日帰り手術の場合)
● 一般的な所得の方 ※所得により多少金額は変わります。
1割の方で18,000円程度 (国からの補助により安くなっています。)
※病院の入院の場合 30,000円程度
3割の方で50,000円程度

2019年度 多焦点眼内レンズ挿入白内障手術数 73

診療内容

  • <早川医師が執刀>日帰り白内障手術
  • 先進医療「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」
  • 「肩こり」「冷え」「性眼精疲労」など。プラセンタ点滴治療
  • 日中「裸眼」で生活できる視力矯正治療法。オルソケラトロジーを導入しました。
  • 〜重症ドライアイの画期的な治療方法〜涙点コラーゲンプラグ治療とは?
  • 早川医師が白内障手術ボランティアに参加

当院までのアクセス

〒534-0021
大阪市都島区都島本通3-24-7
K-1ビル 1F
TEL:06-6922-8998